天然記念物柴犬保存会 第114回本部展(東京)

b0314007_18011656.png
天然記念物柴犬保存会は2016年に創立57年を迎えました

1959年8月9日創立

 

第二中市号の横顔

 

金章犬第15号 第二中市号(なかじょう)・2歳2ヶ月時

(1971年9月27日生~1985年5月3日没)

展覧会のお知らせ

天然記念物柴犬保存会 平成28年秋季展覧会が下記の通り開催されます。

展覧会は、どなたでもご観覧頂けます。
天然記念物柴犬保存会 第114回本部展(東京)

日時:平成28年10月9日(日)

場所:東京都江戸川区立新左近川親水公園

(日本単犬種団体連合会合同展会場)

b0314007_18432867.png
↑写真は天然記念物柴犬保存会・照井会長と愛犬 出羽の玄武

♥山形県酒田・季節便
夏から秋へと季節が移り、田んぼが少しずつ黄金色に染まり、庄内平野は、いよいよ収穫の時を迎えようとしています。この時期、庄内に実りの秋を告げる第一便が、「刈屋(かりや)産 幸水梨」です。
b0314007_20535464.png
「刈屋梨」は、庄内平野の北部、鳥海山を望む酒田市刈屋地区に拡がる梨畑で、生産者の手により、丹精込めて育てられた和梨の品種です。甘く糖度がのった、みずみずしい果汁たっぷりの幸水梨です。

刈屋地区は、庄内を代表する梨の産地。庄内人なら、梨といえば「刈屋梨」を思い浮かべるほどの知名度です。ここは、明治の初期から梨の栽培を始めていて、山形・庄内では梨の有名産地として名を知られている地域です。

刈屋梨(刈屋産 幸水梨)のモニュメント
刈屋地区名産の証、
刈屋梨の塔
東北の秀峰と呼ばれている「鳥海山」の雪解け水が、川の氾濫などとともに上流から肥沃な土を運びます。その美味しさの秘訣は、果樹の基本ともいえる「土」。この水は、山からのミネラルがたっぷりと含まれていて、梨の成長に一役をかっています。

早生種から晩生種へとリレーされ、8月下旬から10月ごろまで続く、この地区の梨の収穫シーズンの中でも、「幸水」は特に人気が高く、刈屋梨の代名詞となっています。「幸水」の収穫期は、8月末ごろから9月20日ごろまで。ちょうど稲刈りが始まる時期と重なり、田んぼでの農作業の休憩にいただいた梨の甘さに、ふるさとの旬の味を思い出します。夏の疲れを癒すかのような、幸水梨のジューシーでやさしい甘さは、皆様に喜ばれる自信の味です。

庄内に秋を告げる「初秋の味覚」、庄内人なら誰もが認める、梨のトップブランド刈屋産 梨」の逸品をご賞味ください。



b0314007_19004320.png

[PR]
# by sakata_kazu | 2016-09-28 18:48 | Trackback

そろそろ秋の気配が。

b0314007_22172521.png


☆ 秋の月がどうして綺麗に見えるのか?

天体観測的に夜空がもっとも綺麗に見えるのは冬なんです。
でも、お月見は秋ですよね~
太陽は夏に高く、冬に低くなっています。
月はそれと逆に夏に低く、冬は高くなります。
夏の月はぼんやりと見えるのは、そのせいなんですね~
じゃ、冬の方が綺麗じゃないの?と言う事なんですが、
頭上近くまで昇っている分、見るのに疲れてしまいます。
なので、見やすい高さの季節が、春か秋になるんですね~
しかし、春は花粉や黄砂で空がかすんでいたりして、
雨上がりの日でもない限り月がぼんやりとしてしまっています。
でも、秋は花粉や黄砂も殆ど無く、空気が澄んでいるので、
月のクレーターまではっきり見る事が出来ます。
そして、明るい星が少ない分、月の美しさが際だって見えるんですね~
秋の月が綺麗に見えるのはこんな理由からだそうです。
昔は月を信仰の対象としていた事と、お月見は先ほども書きましたとおり、
収穫祭なので、収穫した里芋や米で作ったお団子をお供えしたそうです。
現在は、里芋よりも米で作ったお団子が主流になっていますが、
地域によっては、昔のように里芋をお供えしているところもあるみたいです。
お団子のお供えする個数ですが、これも説が2つあって、
1つ目の説は「満月の数 = 12個」とされていて、
その年に出た満月の数をお供えするそうです。
でも、平年は12個ですが、うるう年は13個になるそうです。
2つ目の説は「十五夜 = 15個」と言われています。
今年は十三夜なので、13個になりますね。
ススキは米の稲穂に似ている為に飾られる事が多く、
稲穂自体を飾る場合もあるそうです。
ススキは切り口が鋭い事から、魔除けの力があるとされていて、
お月見で供えたススキを家の軒下に吊るしておくと、
一年間病気をしないと言われているそうです。
b0314007_22173184.png
そろそろ↑の季節になりましたね。 まずは一杯ど~ぞ (*^^*)
2016年は9月15日が「中秋の名月」で、満月の日の2日前です。
澄んだ夜空に浮かぶ、少しだけ欠けた名月を眺めてみましょう。

[PR]
# by sakata_kazu | 2016-09-15 22:24 | Trackback

後生掛温泉へ

b0314007_22031947.jpg
後生掛温泉の一番のお土産は“温泉ゆで卵”名物黒たまご です。
泥火山のどろに入れてゆでます。
なので、表面は真っ黒です。
もちろん、殻をむけば普通のゆでたまご。
むく指も真っ黒になりますが塩をつけて食べるゆで卵は美味です!
後生掛温泉 ... 古めの湯治場的な感じなんですけど色々なお湯があるので結構楽しめる感じがイイんですよね。
ここ。 ... 温泉に入った後は名物黒いゆでたまご
... 1個食べると3年長生きするというキャッチフレーズで売っています。
ちなみに2個食べると5年、3個食べると10年です。

馬で来て 足駄で帰る 後生掛」――八幡平伝説の湯を満喫する 湧き上がる湯煙が、その抜群の環境と優れた温泉の恵みを物語ります。 諸病に効果があると評判の名湯をバラエティ豊かな「7つ湯」 温泉のご案内 です。
後生掛温泉秋田県鹿角市(旧国陸奥国、明治以降は陸中国)にある温泉。 岩手県と秋田県県境の八幡平(火山)山頂から少し西側に位置し、八幡平アスピーテライン沿いにあり、山の中にしては比較的交通の便がよいかな。
b0314007_22040788.jpg
b0314007_22073780.jpg
b0314007_22043669.jpg
b0314007_22061059.jpg
b0314007_22064448.jpg
b0314007_22070668.jpg
b0314007_22051670.jpg
b0314007_22084065.jpg
番外編 帰り道でスーパーカブの、カッコイイ兄ちゃん達に遭遇できましたV(^o^)V (写真の許可済み)



[PR]
# by sakata_kazu | 2016-09-04 22:20 | Trackback

ババヘラアイス

b0314007_20284554.png

あなたが秋田県の国道をクルマでドライブをしたら、パラソルとおばちゃんのセットを何度も目にすることになるだろう。
秋田県民なら知らないものはいない、路上でのアイス販売だ。

中高年の女性(ババ)がヘラで盛るからババヘラアイス。秋田の方言で、中高年の女性をババと呼ぶ。それより若い女性はアネッチャである。中高年男性はオド

ババヘラは主に国道沿いやイベント会場に出ている。黄色とピンクのパラソルの元にアイスのでっかい缶がありババがいるのが目印である。

「イッコケレ(ひとつください)」

「ハーイ(かしこまりました)」

「ナンボダ?(いくらですか?)」

「ニヒャグエン。ソサオデケレ(200円になります。そこに置いてください)」

ババが慣れた手つきでアイスをコーンに盛り付です。

♥ これが実にうまいのである。


[PR]
# by sakata_kazu | 2016-09-03 20:45 | Trackback

9月の天文現象

b0314007_21283363.png

★ 9月の星空情報

〈目次〉
・金星が日の入り後の西空で徐々に高度を上げています。
・今年の中秋の名月は9月12日
・アンドロメダ銀河を見よう!
・あの有名な天文学者コペルニクスも見た事ないらしい水星を見よう!
・9月の天文現象カレンダー


・金星が日の入り後の西空で徐々に高度を上げています。

今年は年始の頃を覗くと、金星は目立つ位置にありませんでしたが、夕方の西空で徐々に高度を上げ目立つようになってきています。来年早々の1月12日には東方最大離角(太陽の東側で最も離れた位置に来ます)。宵の口に見える金星は、宵の明星と呼ばれ、9月、10月は日没後の高度が低くやや目立ちませんが、11月中旬には、夕方の西空でとても目を引くようになるでしょう。もっとも明るくなると、マイナス4.7等級の明るさとなり、これは1等星の185倍もの明るさになります。

さて、次は金星の太陽系内での立ち位置に関して説明しましょう。
太陽系の惑星は、内惑星と外惑星に分けられます。8つの惑星はもちろん全て太陽の周りを回っています。そのうち、地球が太陽を回っている軌道より内側の軌道を回る惑星を内惑星といい、地球の軌道より外側の軌道を回る惑星を外惑星といいます。

地球の軌道の内側を回る惑星は、内側から水星と金星、地球の外側を回る惑星は、火星と木星と土星と天王星と海王星です。

内惑星の特徴としては、地球より太陽に近いため、表面の温度がとても暑いことです。水星は太陽~地球間の距離の4割弱、金星も7割位の距離なので、地球と比べると金星の受ける輻射熱が約2倍、水星に至っては約7倍もの輻射熱を受けることになります。
水星の地表温度は、420度ほどになります。一方金星は、水星に比べると太陽から2倍弱離れているにも関わらず地表の温度は500度に達する場合もあるほどです。なぜでしょうか。

金星の大部分は、厚い雲に覆われ、太陽の光を67%(幾何アルベド)も跳ね返しています。地球の2倍も太陽の光を受けていますが、大部分は鏡のように跳ね返しているのです。本来ならば、金星の表面は氷点下になってしまうそうです。それなのになぜ金星の表面の温度は、太陽により近い水星より高い状態になっているのでしょうか?

これは、水星には大気がなく、金星には分厚い二酸化炭素の大気があることが原因です。最近私たちの地球でも工場や車の排気ガスなどに含まれる二酸化炭素が原因で、地球の大気の二酸化炭素の濃度が上がる傾向にあります。そこで問題になっているのが地球温暖化という問題です。地球の大気に含まれる二酸化炭素の割合は約0.03%に過ぎないのですが、これが僅かに増えただけで、気温が上昇し、地球規模の気候に大きな影響を与える程のものなのです。二酸化炭素ガスは、熱をためこむ性質を持っているのです。金星の大気は、実に97%が二酸化炭素ガスなのです。いわば温暖化が暴走した状態にあるのです。温暖化の暴走により、金星の表面の温度は400度を下ることはない、まさに灼熱地獄のような世界になっているのです。
これはちょっと恐ろしい話です。今は地球全体の平均気温は14℃度程ですが、地球も温暖化が暴走すれば、表面温度が上がり続け、生命が住めないような状況にならないとは限らないという可能性もあるわけですから。

さて、金星の惑星としての話はこの位にして、実際、金星がどこに見えるか、どんな風に見えるか解説していきましょう。9月初め頃の金星は、太陽の向こう側に位置しているため、とても小さく見えます。それがだんだんと地球に近づいてくるに従って、だんだん大きく見えるようになり、来年3月になると、望遠鏡のように数十倍から100倍を超える倍率で見なくても、7倍から10倍の双眼鏡でも、三日月のような形になっているのが分かる位大きく見えるようになります。

ガリレオ・ガリレイは、金星の地球から見える大きさの変化と形の変化(満ち欠け)を観察し、地動説の有力な証拠にしました。
この9月から、定期的に夕方西空の金星の観察をしてみるのも良いでしょう。

・今年の中秋の名月は9月12日

 自分がこどもの頃は、お月見団子を作り、その脇にすすきや秋の草花を添えてお月見をした覚えがありますが、最近はそうした風習も少し縁遠くなってしまっているのではないでしょうか。
 
 今年は自分たちでお月見団子を作り、改めてお月見をしてみるのも良いかもしれません。レシピはインターネットに譲るとして、今回はこのお月見団子から、月という天体を考えてみましょう。実はお月見の団子の大きさというのは、だいたい大きさが決まっています。十五夜の15という数字にちなみ、一寸五分(約⒋5センチ)の大きさの団子を15個お供えをします。

 普段、夜空にぽっかり浮かぶ満月を見て、その大きさが実際どれほどのものであるか知っている方は少数だと思います。月の大きさは直径3,474kmあります。(地球の大きさは直径12,742km)

地球から月までの距離は、楕円軌道であるために、約35万7000kmから40万6000kmで変化します。といっても数字が大きすぎて感覚的にさっぱり分からないと思います。

食べてしまう前に直径4.5センチの月見団子を実際の月に見立ててお話ししたいと思います。
月の大きさをこの月見団子の大きさとすると、一体全体地球はどのくらいの大きさがあるのでしょうか?普通の方は考えた事もないかもしれませんね。
地球は月の4倍弱の大きさで、答えは16.5センチ メロンや小さめのハンドボールの球程の大きさになります。

中秋の名月は、この「メロン」から約5メートル離れた場所に月見団子があるイメージですね。
ちなみに月と地球の重さを比べると、メロンの大きさの地球は、月見団子約80個分の重さになります。地球は月と比べると密度が高いので大きさの割にずっしりと重いのです。

月見ダンゴをパクパク食べながら月と地球の大きさに想像を巡らし、お月見するのもたまには良いかもしれませんね!

・アンドロメダ銀河を見よう!
230万光年先にぽっかりと浮かんでいるアンドロメダ銀河は、私たちの銀河系のお隣の銀河で一兆個以上の恒星の大集団です。私たちの銀河系が二千億個の恒星の大集団と言われているので、アンドロメダ銀河の巨大さは凄いですね。遠い将来、私たちの銀河系と衝突すると言われています。 海や山など美しい星空のある場所で観察すると、肉眼でもぼやけた星のような姿を確認できますが、双眼鏡や低倍率にした望遠鏡で観察するとよりはっきり見えます。渦巻き状の銀河らしい形を見るには、口径20センチ以上の比較的大きな望遠鏡が必要です。

アンドロメダ銀河は、夏の大三角形の東側にある、秋の四辺形を見つけることができれば簡単です。

秋の四辺形を見つけたら、四辺形の星からアンドロメダ座の星をまず二つたどり、さらに二つ目の星のわきを見ると、ぼんやりした白い光る雲を見つけることができるでしょう。

1兆個の恒星(太陽のように自ら輝く星)の集まりです。惑星の数はさらにその10倍くらいはあるはずですから、もしかしたらあなたがアンドロメダ銀河を見ているこの瞬間にも、向こうから天体望遠鏡でこちらをのぞいている宇宙人がいるかもしれませんね!(^^;)

大きな望遠鏡でないと、なかなか確認できないアンドロメダ銀河の渦巻きですが、写真で撮ると
比較的小さな望遠レンズや小さめの望遠鏡でも撮影ができます。もちろん赤道儀という星を追いかける使い方がやや難しい架台が必要なのです。


・あの有名な天文学者コペルニクスも見た事ないらしい水星を見よう!
水星は、金星の軌道のさらに内側を回る惑星です。太陽系で最も太陽に近い軌道を回る惑星です。地球が太陽の周りを回るのに365日かかるの対し、わずか88日で太陽の周りを一周してしまいます。太陽の周りをまとわりついているので、とても観察しにくく、夕焼けの残照や朝焼けで明るくなった低い空に見つけなければなりません。地平線近くまで、晴れ渡り、かすみのない天候でないと見つけるのはとても難しい惑星ですが、9月20日頃から10月10日くらいまでの明け方の空が、比較的見やすい時期になります。

図版は日の出20分前の水星の位置を9月20日から2つ日ごとに形の変化と位置の変化を、プロットした案内図になります。ぜひ見つけて望遠鏡で観察してみてください。最初は丸く小さい球に見えている水星ですが、足が速い水星はあっという間に、地球を追い抜いていき、それに伴い急激に大きくなり、大きく欠けてくる様子を観察できるでしょう。
星図の1マスの幅は角度で10度になります。

金星や水星といった地球の内側を回るない惑星が、どうして月のように満ち欠けするのか。考えてみてくださいね。いずれここでも、そのあたりのことを分かりやすく解説したいと思っています。


・9月の天文現象カレンダー


9月1日(木)新月 前後数日は、一晩中月明かりに邪魔されることなく星空観察や星空撮影が亜行える天体観測ウィークです。夏の天の川の観測のチャンス。

9月3日(土)夕方の西空で、月と金星が大接近して見えます。太陽系の最も外側を回る海王星が衝 

9月9日(金)8月25日(木)上弦の月 夕方に見える半月です。月のクレーターがとても良く見えます。

9月15日(木)中秋の名月  

9月17日(土)満月 半影月食。

9月19日(月)祝日 敬老の日

9月22日(木)秋分の日 月がアルデバランに接近。

9月23日(金)下弦の月 明け方の半月です。クレーターがとても良く見えます!上弦の半月とは光の当たり方が逆なので、望遠鏡で覗いて見ましょう。深夜に東の空から昇ってきます。

9月29日(木)水星が西方最大離角


★ おわりに

9月も見どころいっぱいの星空ですから、晴れれば空を見上げて頂ければいいなぁと思っています。今月こそ、8月の分までたくさんの晴れてくれる事でしょう。(^^)
[PR]
# by sakata_kazu | 2016-09-02 21:33 | Trackback