2017年 04月 13日 ( 2 )

b0314007_09121822.png

日本で三大jazzボーカルと言われている、

エラ・フィッツジェラルド、サラ・ボーン、カーメン・マクレエの三人

現在・ジャズ・ヴォーカルの正統派といったら、
今日、ナンバーワンに指を屈するのはロバータ・ガンバリーニをおいてないだろう。
イタリア人というハンデを持前の闘志で跳ね返したばかりでなく、
エラ、サラ、カーメンの偉大な唱法を吸収しながら、
かつ多くの優れたジャズ演奏家に直接学ぶことで、
彼女ならではの優れたジャズ唱法を手中にした
王道を行くジャズ・シンガーが少なくなる中でエラ、サラ、カーメンの、
遺産を引き継げるのはロバータしかいない。
b0314007_09403514.png
ロバータ・ガンバリーニが気持ちを込めて日本のファンだけに贈る、
スペシャル・アルバム。
「ソー・イン・ラヴ」
スタンダードからジャズ・オリジナルのヴォーカリーズ、カレン・カーペンター
まで幅広い選曲を楽しめます。


[PR]
by sakata_kazu | 2017-04-13 11:20

今日のアルバム

b0314007_07113318.png
現在までに全世界で2500万枚以上のセールスを誇っていて、
グラミー賞では主要4部門を含めノミネート部門すべてで受賞し、
8冠を獲得するという驚異的な記録を残しています。
古い時代のレトロなジャズの雰囲気もありつつ、
カントリーやソウル、ポップを取り入れて新しさも演出しています。



[PR]
by sakata_kazu | 2017-04-13 07:32

散歩道の途中で満天の星


by kazu